発毛の効果がある育毛剤とは?

発毛の効果がある育毛剤とはどういうものでしょうか?

>育毛剤と発毛剤の違い

ここで???と思った方は、育毛剤に詳しい方といえるでしょう。
といいますのも、育毛剤と発毛剤は少し成分が違うそうです。

育毛剤は、今ある髪を丈夫にして、脱毛予防も同時に行っていくもの。
有効成分は育毛剤によって様々なので同じ育毛剤でも、
この人に効果があっても、あの人は効果がないということもしばしばあります。
これによく似たものに、養毛剤もあります。栄養補給して、髪を丈夫にしていくものですね。

発毛剤は、今髪がない状態から毛を生えさせること。
育毛剤よりも成分的に強いものも多く、副作用がある場合もあるので注意が必要です。
最近有名なのがミノキシジル配合のものです。
ミノキシジルはもともと血管拡張剤として使ったところ、
体毛が濃くなる副作用があることがわかり、発毛剤に応用されたそうです。
ですがこれだ!という根拠はまだはっきりしておらず、効果の実感も個人差が大きいようです。

>簡単ではない製品選び

育毛剤にしても発毛剤にしても、
血行促進、細胞活性、頭皮を清潔に保つ、男性ホルモンの抑制などが
主な働きとなりますが、
個人の頭皮環境の違いと製品によって重点をおいている成分の違いなどから、
ぴったりマッチしたものを選ぶことは簡単ではありません。

どんな製品を使う際にも、急がば回れで、
頭皮の状態を良好にしておく、ということが一番重要になってくるといえます。

>期待の新星、ビタブリッドC!

そういう意味でも、
2014年6月に日本に上陸したビタブリッドCに大きな期待がかかっています。

ビタミンCが皮膚にもたらす効果はみなさんご存知のとおりですが、
壊れやすいく浸透しにくく、持続時間が短いことで、活用が難しい成分でありました。
ですが新しい技術を応用することで、
ビタミンCを新鮮なまま、深く浸透し、12時間働き続けることを可能にしました。
頭皮もお肌の一部。
もうすでにしっかり効果を実感されている口コミもちらほら見え始めましたよ。

頭皮からでる汗などとビタミンCを交換して供給、
ビタミンCは毛細血管を活性化させ、毛を作り出す毛母細胞に栄養をしっかり与えます。
しかもビタミンCをミネラルの層のなかにとじこめることにより、
少しずつつづけて皮膚に与えることができるんです。その時間じつに12時間!

だから、育毛も発毛もできるというのがビタブリッドCなんですって。
もみこむのでなく、指の腹でしみこませる気持ちでじっくりケアするのがみそですよ!爪水虫