ネットを活用して株主優待券の情報をチェック!賢くオトクに利用しよう!

- JAL株主優待券の特徴

JAL株主優待券の特徴

航空機の株主優待券は、発行している航空会社によって使うことのできる航空便などが変わってきますのでそれに気をつけて使用、もしくは購入しなくてはいけません。

基本的には、どの航空会社の株主優待券も使用割引は片道区間の運賃が半額になる、というものなんですね。
ただ、JALの場合は子会社や同じ系列の別の航空便などがあるんですね。
JALは日本航空は勿論なのですが、日本トランスオーシャン空港、JTAや日本エアコミューターJAC、琉球エアー込ーたーRACというものがそれぞれあるんです。
実は、それぞれこの航空便会社が別々に株主優待券を発行しているのですが、それぞれ親会社であるJALを除いた航空便は独立していますので、発行している子会社航空便の株主優待券であれば他の子会社の航空便の航空チケットの割引には使うことができない、ということなのです。
要は、JTAの株主優待券ではJALは勿論、JACやRAC便の割引に使うことはできない、ということなのですね。

しかし、例外としてJAL株主優待券買取であれば他のJTAやJRC、RAC便の航空便でも割引を使うことができるのです。
他にも、フジドリームエアラインズ、FDAや北海道エアシステム、HACなどの航空便も同様に半額で利用することができるのです。
JALの株主優待券のいいところは、JALは勿論ですがその子会社の地方の航空便でも使うことができる、ということなのです。
しかも、JALの株主優待券というのはネットオークションなんかで見てみると、ANAよりも若干安く売られていることが多いので、航空便の数はやや少ないですが、時間などに拘らないのであればこちらを利用するのがいいかもしれません。
特に、地方便を利用する場合はこちらのほうが安くなりますので安く済ませたい、という人にはJALのほうがいいかもしれませんね。
また、JALの株主優待券は有効期間も1年間と非常に長いので一度購入しておけば有効期限内であればいつでも使うことができるのですね。
なので、混雑時期を外したときなんかだと航空チケットも当日買いや前日買いができるようになりますので、期限ギリギリの安くなった旧券の株主優待券を購入して、それが間に合うように航空便に乗る、というようなやり方もできるわけです。
株主優待券は、結構インターネットなどでもあちこちに売りに出されていることが多いので存分に利用するといいのではないでしょうか。






Copyright(C)2014 ネットを活用して株主優待券の情報をチェック!賢くオトクに利用しよう! All Rights Reserved.